勝てる人だけ知ってる!?横軸の見方、徹底解説します

今回はFXで勝てている人だけ知っている横軸の話をしていきます。
横軸をしっかり見てる人には継続的に勝ててる人が多くて、この記事を見ることでそういった人たちがどのようにチャートを見ているのかを身につけることができるかもしれませんね。

横軸の話と聞くと抽象的なイメージになると思いますが、なるべく初心者の人でもすぐに使えるように具体的に解説していくので是非覚えていってください。

横軸とは?

簡単に言うと縦軸が実際に動いてる価格のことで横軸とは時間のことです。
FX中級者くらいの人でも価格を見るのに精一杯で、横軸まで観れてない人が多い気がします。

でもそれは仕方の無いことなんですよね。
見方が分からなければ見ないのは当たり前だし、横軸の必要性が理解できていないのだと思います。
それらも踏まえて横軸の活用方法について解説していきます。

どのくらいの期間で上がるか下がるかを予想できる

一言でいうと1波と3波の上昇する期間が同じなんです。
もちろん1波と3波が毎回同じ値幅伸びるわけではないので、その時によって多少誤差が生じますが、
意識して見てみると結構当てはまるケースが多いです。
この3波の調整1波と同じ値幅かそれ以上伸びるエリオット波動の考えとつながりますね。

これは非常に面白くてFXで勝ててない人やFXをやってない人はチャートを見てランダムウォークをしてると言いますが、
適当な動きに見えても一定の規律性があって法則があるのが証明できるんです。

それではこれを具体的にどうやって使うのかについてですが、
3波の上昇する期間がある程度分かっていると途中の値動きで一喜一憂しなくなります。
少し長めの調整が来たり自分の思った方向と逆に進むと人はおかしな行動をとります。
当初決めていた場所から損切りを上げたり、利確を早めたりナンピンをしてみたりといった行動ですね。
上昇する期間を知っているとのんびり見ていられて、これらの行動を防ぐことができますよね。

値動きの強さを予想できる

例えば同じ上昇でも1日で100pips上げた上昇と、5日かけて100pips上げた上昇では全く意味合いが変わってきますよね。
もちろんこれだけ見て全てを判断することはできないけど1日の方では急激な上昇をした分、大きめの調整が入り
もしかしたらそのまま上昇分の100pips以上戻される可能性があります。
それに比べて5日の方は時間をかけて上昇したため底が硬くなっています。
こういったチャートではV字的に下げることが滅多になくて、押し目買いを狙えますね。
下げるとしても時間がかかるので、臨機応変に逃げることが可能になります。

初心者が急激な値動きに反応してエントリーして負けるのはこのためなんです。
思い返してみるとよくやられたという方も多いんじゃないでしょうか?
これらは時間足が短期になればなるほど顕著に現れます。
5分足とか15分足とかを見ればよくこういったことが起きていることが見えると思います。
そのためこれらを扱えない初心者にはスキャルピングは向いてないと言えるんですね。

こういった横軸を理解することは出来高を読むこととエネルギー保存の法則の理解にもつながります。
難しいので概要は分からなくていいですが、無意識にプロの目線でチャートを見ることができます。

まとめ

以上横軸についての活用法について解説しました。
プロや専業トレーダーは言語化できなくてもこのような視点を必ず持っているので、トレードが上手になりたい人は絶対に身につけるべきだと私は思います。
ただトレードしてるだけなのになぜか勝ち続けてる人はこういった感覚を大事にしてることが多い印象です。
これからもこのような感覚的なことをできる限り言語化してわかりやすく解説していこうと思っています。