チャート分析の第一ステップ!トレンドラインについて学ぶ

FX初心者の皆さん、チャート画面を見ても何したらよいか分からないと苦手意識を持っていませんか?
今日はチャート分析の第一ステップとしてトレンドラインについて学んでいきましょう

トレンドについて

為替相場は一見複雑な動きをしているように見えますが、上昇下降横ばいの3つの方向性しかありません
相場は政治や経済の情勢などさまざまな要因の影響を受けながら
3つの方法性を順不同に繰り返しながら形成されています
この方向性のことをトレンドと呼び、ジグザグに波打つように形成されています

トレーダーはトレンドに合わせで取引を行うため
トレンドは一度発生すると一定期間継続する可能性が高いと言われています
そうあの世界ではトレンドisフレンズ トレンドは友達という言葉があるくらい
トレンドを把握することがFX取引においては非常に重要なのです
初心者はトレンドが発生してから取引をするのがおすすめです
上昇トレンドの時には買い、下降トレンドの時には売り、横ばいの時には様子見が基本動作なので覚えておきましょう
ではどのようにトレンドを把握すれば良いのでしょうか

チャート上にラインを引こう

チャートを眺めているだけでトレンドを把握するのはかなり難易度が高いです
そこでチャート画面上に線を引いて相場がどんな動きをしているか見やすくしましょう
この時に伏線のことをトレンドラインと呼びます
トレンドラインを引くと為替相場で発生しているトレンドやそのトレンドの強弱、持続性そして売買のタイミングを把握することができます

トレンドラインには安値同士を結んだサポートラインと高値同士を結んだレジスタンスラインの2種類があります

まずはサポートラインについて説明していきます
サポートラインは下値支持線とも呼ばれていて価格が下落した時にこれ以上は下がらないと予測される基準となります
価格がサポートラインを下回らない間はそれ以上の下落はないと考えられます
しかし価格がサポートラインをした把瑠都相場のトレンドが転換し価格が一気に下落する可能性があります

次にレジスタンスラインについてです
レジスタンスラインは上値抵抗線とも呼ばれていて価格が上昇した時にこれ以上は上がらないだろうと予測される基準となります
価格がレジスタンスラインを上回らない間はそれ以上の上昇はないと考えられます
しかし価格がレジスタンスラインを上回ると相場のトレンドが転換し価格が一気に上昇する可能性があります
理解を深めるためチャート画面を見てみましょう

上昇トレンドはサポートラインに下値を支えられながら反発を繰り返し
価格の上昇を続けている状態を表していますサポートラインを下回ると上昇トレンドが終わったと判断でき、下降トレンドに転じる可能性が出てきます
一方下降トレンドは、レジスタンスラインに上値を押さえられながら反落を繰り返し、価格が下落している状態を表しています
レジスタンスラインを上回ると下降トレンドは終わったと判断でき、上昇トレンドに転じる可能性が出てきます

横ばいはトレンドとは言いませんが、下値のサポートラインと上値のレジスタンスラインでそれぞれ反発しながら
一定の値幅の中で上下の値動きを繰り返している状態を表しています
横ばい状態からサポートラインやレジスタンスラインを抜けて新たなトレンドが発生すると値動きに変化があるので上昇トレンドもしくは下降トレンドに転じてから取引を行うと良いでしょう

トレンドラインを引くことによって発生したトレンドの特徴を把握することもできます
まずはトレンドの強弱について
トレンドラインの傾きがそのトレンドの強弱を表します
例えばサポートラインで見てみましょう
傾きが急な場合は価格の上昇速度が速すぎてこのトレンドを保持しきれずにすぐにサポートラインを下回る可能性が高いです
短期間で大きなに幅を狙うのには適している判断と言えますが、
急速にトレンドが変わり、損失を被ることもありますので注文を設定しておくなどしてリスク管理もしっかりしておきましょう

上手くラインが引けない時は?

一方傾きが緩やかな場合は価格の上昇の勢いが弱いので中長期でトレンドを形成していく可能性が高いです
あまりに角度が緩やかな場合にはそもそもトレンドであるかどうか疑わしいので慎重に判断しましょう
理想とされる傾きは45度とされていて、世界のトレーダーの中には45度の傾きになって
初めてトレンドが発生したと考える人もいるくらいなので
初心者はまず45度という角度を目安にしてトレンドがどうか判断してみましょう
レジスタンスラインも同様に考えてください
次にトレンドの持続性についてトレンドライン上で何回サポートされているか、または抵抗されているか
そしてトレンドラインがどのくらいの期間続いているかということがポイントになってきます

なおトレンドが長く続けば続くほどトレンドラインをしたが張った時の下落の勢いも強いという特徴があります

時間足を見極める

このとき注意したいのが時間足の設定です
チャートは日足・4時間足などさまざまな時間足がありますが
時間足が長いチャートにおけるトレンドラインほど硬いトレンドであることを示し長い期間持続すると期待できます
例えば同じ時間帯のチャートをそれぞれ4時間足・5分足で表示したとします
4時間足にはサポートラインが引けたので上昇トレンド、5分足にはレジスタンスラインが引けたので下降トレンドが発生していると分かりました
この時どちらがしようなトレンドか分かりますよね
そうです4時間足の上昇トレンドです
5分足チャートで下降トレンドが発生したと取引を始めてもすぐに上昇トレンドにのまれてしまうので、
時間脚には注意しつつトレンドの持続性を見極めましょう

売買のタイミングは?

続いて皆さんが一番気になっているであろう
売買のタイミングを見ていきましょう
トレンドラインを引くとどのタイミングで売買すればよいかがある程度明確になります
ここでは初心者にオススメのドル円を例に説明していきます
まずFX取引では安い時に買って高いときに売る、ドル円での取引であれば円高の時に買って円安の時に売るのが基本です
チャートにおいては上に行くほど円安下にいくほど円高を示すことを頭に入れておいてください

では上昇トレンド下降トレンドそれぞれの売買のタイミングを見ていきましょう
上昇トレンドの場合は2回目もしくは3回目の反発を捉えたら買い、サポートラインを下回った後も下降に向かうタイミングで売るというのが基本戦略です
下降トレンドはこの逆で3回目もしくは3回目の反落をこらえたら売り、第2波が上昇に向かうタイミングで買います。
相場は常に変動し予想外の動きをすることもあるのでこのタイミングで売買すれば利益が出るとは限りませんが
初心者はまずこの基本戦略によっとって取引をしましょう

まとめ

相場の値動きには上昇トレンド横ばい下降トレンドの3つ
トレンドラインには安値同士を結んだサポートライン
高値同士を結んだレジスタンスラインの2つなります
トレンドラインを引くことで練度の強弱、持続性売買のタイミングを把握できます
初心者の皆さんは慣れるまではエンドラインをたくさん引いて長いものを残すようにしましょう
この時ローソク足のヒゲを含めるのお忘れなく